銭湯

銭湯経営のあれこれ – 燃料と人

家族での経営形態から脱却するためには。

銭湯には切り詰められない費用があります。

燃料費と人件費。 

家族経営だからこそ無視できていた人件費をしっかりと計上するには、燃料費を切り詰めなければいけません。

でも、どうしたら?

銭湯

銭湯は公の衆のための場なのだけど

台風19号が近づいた晩に僕は銭湯の現在と未来について考えました。

なんせ店内が静かなものでしたので。

まちづくり

富裕層向けツーリズムのこれからを考える

6,000万人, 15兆円なんていう途方もない数字がインバウンドツーリズムでは中長期の目標として掲げられています。


達成のキーになるのが富裕層。

 

でも、政府の目標を鵜呑みにして、地方も富裕層誘致に走って良いものでしょうか??

まちづくり

地域の中で生きていく商いのあり方について考えてみる

死にゆく地方都市での斜陽産業サバイバル戦略。

それは内に優しく、外にはドライながらも確実に取り込むことなのかなと。

内にやさしく持続可能に・・。

宿

cup of teaが高い競争力を維持し続けている理由 (後編)

楽することが競争力の源泉。

単純で作業になりがちなバック業務は徹底的に楽します。

テクノロジーの力を借りて楽します。

宿

cup of teaが高い競争力を維持し続けている理由 (前編)

ゲストハウスはホストクラブではありません。

でもcup of teaはホストクラブの仲間入りをしました。

顧客の満足度を最大化させるためには、日々の小さな改善を積み上げることが近道のようです。

宿

ゲストハウススタッフの給料体系

ゲストハウスのスタッフって薄給なんでしょ〜

と言われます。

ま、そうですね。。

でも増やすことも可能ですよ って思います。

今回はゲストハウスの給料体系について

その他

地方都市における複業の可能性

一つの仕事をフルタイムでコミットできる人材を雇用する余裕は地方にはないし、そもそもそんな仕事はあるのでしょうか?

複業は収益源を分散し、自身のスキルを最大限に活かせる働き方であるだけに止まらず、時代の変化にしなやかに対応する一つの方法ではなかろうかと。

なんて。 めんどいことはシェア・分散処理をして楽して生きていきたい、それが本音です。

その他

地方都市における人材不足の解決策は?

先日の外国人人材活用セミナーに参加してきたお話。

地方では人材不足がますます深刻化していますが、外国人が救世主となるのか!?

いやいや もっと身近なところでできることはたくさんあると思います。

その他

コンサルファームで学んだこと

前職はコンサルファームで働いていました。

エクセル・パワーポイント漬けの日々を過ごす中、2つだけ今の事業でも役立った学びがありました。

そうだ 大ボラを吹こう。