まちづくり

アフターコロナの事業展開を考える 〜その1〜

苦しい・・苦しいぜ・・ そんな時こそなんとか脳内をきっと未来に向けたい・・ と思い、今後の事業展開を考える上で大事にしたいことを考えてみました。
まちづくり

アフターコロナの観光について考える

この先どんな宿にして生き延びるのか!?

アフターコロナで観光はどうなるのか!?

宿のことを考えていたら、宿だけで完結することに意味はなく、もう少し根本から「旅」/「観光」ってものを見つめ直さねばという想いに至りました、改めて。

宿

コロナショックとゲストハウス経営 – こんな時だからこそできること

絶賛コロナショックの中できることは限られているけれど、それでも動いてないと気が滅入っちゃうので、とにかく動く。前へ進む。

宿

宿開業までに乗り越えなければならない3つの山

宿が開店するまでには3つの山があると言われています。

1号店では3つありました(4つでも5つでもあった気はしますが・・。)

そして、2号店でも同じ轍を踏むことになりそうです。

宿

ゲストハウススタッフの給料体系 -ver.2-

ゲストハウスのお金事情。

薄給・モラトリアム職場のイメージをどう払拭できるか。

旅業に関わる以上はどこまでも柔軟に、だけれども意外と稼げるよ!ってしたいのです、が。

まちづくり

地方が創生する前に、生き残るために、すべきこと

前回のカモにされる地方編に続き、じゃー地方はどうしたら?って部分を考えてみました。

束になって強くなる。
苦手な部分は人頼り。
付き合うんじゃなくて結婚。

こんな感じでしょうか?

まちづくり

地方創生とは程遠い現実 – カモにされる地方編

遣る瀬無い話を聞いて、世間が言う地方創生とのギャップ感がすごい・・。

地方が巷で言う創生するのってすんごい難しいなぁ・・と打ちひしがれる一方で、少なくても生き残るために必要なことを考えてみました。

まちづくり

その場所の意味がなくなるからこそ その場所の意味を作る

どこでもよくない?って質問に対する回答は毎回異なるのか?

吉野家、松屋、すき家、なか卯

皆それぞれ選ばれる理由があるし、各社も生き残るために必死でその理由を考えているのです。

 

どこでも良い。

そんな人に選ばれるためには?

まちづくり

地方で働くということ

今欲しいものは「人」、「お金」、「時間」です。

人がその地を気に入ってもらえて、気持ちよく働いてもらうには、雇う側、働く側双方に大変な努力が発生する。

そして地方にせっかく来てくれる人をただの穴埋め要員として使い捨てるのは勿体がない。

まちづくり

飛騨高山が観光地として人気の理由は?(高山の底力編)

本ブログ1番人気の投稿にあやかり、別の角度から飛騨高山が観光地として選ばれてる理由を考えてみました。

 

こちらも実はたまたまラッキーが積み重り、やがて高山の底力となっているのではないかと思うのです。