宿

宿

これからの雇用者と被雇用者の関係 – 宿スタッフの働き方2

人を雇用するにはJOB DESCRIPTIONが必要なのかなと考えてみた。 要らないというか、最初からはないな、と思った。 弱者は弱者なりの人探しの仕方、関わり方があるんじゃないかなというお話。
宿

僕にとっての宿の位置付けとこれからの差別化戦略 – 宿スタッフの働き方1

宿は片手間でできるキャッシュマシーン。(今の状況では絶対に出てこない軽口) こんなことをさらりと言うと理解されずにドン引きされるか苦笑い。 でも、そんな宿がこれからの宿になると思うんだよな〜
宿

cup of tea ensemble(2号店)開業

ようやく ようやくこの日を迎えることができました。 cup of tea ensemble。 今後とも宜しくお願いいたします!
宿

コロナショックとゲストハウス経営 – こんな時だからこそできること

絶賛コロナショックの中できることは限られているけれど、それでも動いてないと気が滅入っちゃうので、とにかく動く。前へ進む。

宿

宿開業までに乗り越えなければならない3つの山 〜2つ目〜

宿が開店するまでには3つの山があると言われています。

1号店では3つありました(4つでも5つでもあった気はしますが・・。)

そして、2号店でも同じ轍を踏むことになりそうです。

宿

ゲストハウススタッフの給料体系 -ver.2-

ゲストハウスのお金事情。

薄給・モラトリアム職場のイメージをどう払拭できるか。

旅業に関わる以上はどこまでも柔軟に、だけれども意外と稼げるよ!ってしたいのです、が。

宿

cup of teaが高い競争力を維持し続けている理由 (後編)

楽することが競争力の源泉。

単純で作業になりがちなバック業務は徹底的に楽します。

テクノロジーの力を借りて楽します。

宿

cup of teaが高い競争力を維持し続けている理由 (前編)

ゲストハウスはホストクラブではありません。

でもcup of teaはホストクラブの仲間入りをしました。

顧客の満足度を最大化させるためには、日々の小さな改善を積み上げることが近道のようです。

宿

ゲストハウススタッフの給料体系 -ver.1-

ゲストハウスのスタッフって薄給なんでしょ〜

と言われます。

ま、そうですね。。

でも増やすことも可能ですよ って思います。

今回はゲストハウスの給料体系について

まちづくり

cup of tea2号店の作り方(cup of tea x 人)

地方は人不足 というか 人いない!

宿は建物があれば運営できるものではありません。

最も大切な「人」 人をどうするか。