銭湯

銭湯

銭湯のテコ入れから見えてきた、これからの銭湯の立ち位置について

銭湯は家族経営から脱しにくい事業体であります。 複合的な理由からではありますが、水を温める燃料(灯油)を見直すことで、なんとか銭湯を未来へと繋げられないか。 そんな思いから始まったプロジェクトは新たな銭湯の可能性を見出す良い機会となりました。
銭湯

銭湯経営のあれこれ – 燃料と人

家族での経営形態から脱却するためには。

銭湯には切り詰められない費用があります。

燃料費と人件費。 

家族経営だからこそ無視できていた人件費をしっかりと計上するには、燃料費を切り詰めなければいけません。

でも、どうしたら?

銭湯

銭湯は公の衆のための場なのだけど

台風19号が近づいた晩に僕は銭湯の現在と未来について考えました。

なんせ店内が静かなものでしたので。

まちづくり

地域の中で生きていく商いのあり方について考えてみる

死にゆく地方都市での斜陽産業サバイバル戦略。

それは内に優しく、外にはドライながらも確実に取り込むことなのかなと。

内にやさしく持続可能に・・。

銭湯

銭湯が熱い理由 – 其の参 – と思ってた

銭湯は熱い!なんて思っていましたが、やはり適温でした。

でも、そんなことは織り込み済みです。(強がり)

銭湯

銭湯が熱い理由 – 其の弐 –

全ての開かれたサードプレイスを目指して銭湯を継ぐと決意しましたが、まだまだ銭湯が熱い理由はあります。外国人にとって銭湯って?

銭湯

銭湯が熱い理由 – 其の壱 –

銭湯は時代に追いつかれた、1周遅れで



時代が銭湯に追いついた 1周まわって